業務内容

システム建築事業

システム建築とは

建物を構成する部材を『標準化』することにより、『建築生産トータル』を『システム化』し、『商品化』した建築物のことです。『標準化された部材』とは、前もって準備された部材そのものの形状や他の部材とのディテール があらかじめ標準化された部材のことです。

『建築生産トータル』とは、営業、設計から工場製作、施工、アフターサービスまですべての建築に関わる工程を意味します。 つまりシステム建築の『システム化』とは前述した標準化された部材を使って、すべての建築工程を体系化・省力化して、お客様にとってわかりやすく『商品化』したもののことです。

あらかじめ約束された数々のメリット。

建築性能を追求した部材、
だから高品質

システム建築を手がける各社は、いずれも最先端のエンジニアリング技術を持ち合わせたメーカーばかり。それだけに、耐久性・断熱性・遮音性など優れた建築性能を追求した部材・工法が次々に開発されています。
また、設計・施工のシステム化・コンピュータ化、工場での一貫生産による部材の品質の安定性保持など、システム建築ならではの考え方・行程管理が、信頼性の高い建築物を実現しているというわけです。

行程すべてをシステム化、
だから低コスト

施工性の高さは、工期全体の短縮によるコストの軽減だけでなく施工費の大きな部分を占める人件費の大幅な削減をもたらします。また施工ばかりでなく、設計・生産など各工程においてコンピュータを導入、徹底した合理化により経済性を追求しているのも、システム建築の特徴です。

熟練工が必要ない、
だから短工期

各種部材の開発により、シンプルな施行法を実現。複雑な現場作業が少ない、というのもシステム建築の大きな特徴です。
熟練した技術を必要としないため、現場作業をスムーズに進行させることができます。また、部材はすべて標準化されており、基礎工事を行っている間に工場で生産されるため、工期全体の短縮も図れるのです。

デザイン性も追求できる、
可能性は無限です

部材の標準化を行う一方、その組み合わせにより多種多様なデザインを実現し、さまざまなお客様のご要望にもお応えできるシステム建築。デザインの自由度も広がっており、まだまだその可能性は無限と言えます。